立地適正化計画

都市再生特別措置法という法律があります

※ 参考 ➡ 国土交通省HP

市町村は、都市計画区域内の区域について都市再生基本方針に基づき、「立地適正化計画」を作成することができる

とされています。

 

これらの規定について

重要事項説明書」において、説明すべき重要事項として位置づけられています

 

神奈川県内の市町村立地適正化計画の動向(平成30年12月31日時点)については、以下の通りです

 

(1)都市機能誘導区域居住誘導区域を共に設定した市町村

➡ 藤沢市 ・ 大和市

 

(2)立地適正化計画について作成・公表済みの市町村

➡ 小田原市

 

(3)立地適正化計画について取組中の市町村

➡ 相模原市横須賀市鎌倉市秦野市厚木市伊勢原市海老名市松田町

 

重要事項説明書の作成に際して

対象不動産が

居住誘導区域「外」、都市機能誘導区域「外」

に位置している場合には注意が必要です

 

以下の場合、工事着手の30日前までに市町村への届出必要になります

(1)届出対象となる行為(居住誘導区域「外」

開発行為 3戸以上の住宅建築目的の開発行為を行うとする場合

②住宅の建築を目的とする開発行為を行おうとする場合で、その規模が1000㎡以上のもの

建築行為 3戸以上の住宅を新築しようとする場合

②建築物を改築し、または建築物の用途を変更して3戸以上の住宅とする場合

 

(2)届出対象となる行為(都市機能誘導区域「外」

開発行為 誘導施設を有する建築物の建築を目的とする開発行為を行おうとする場合
建築行為 誘導施設を有する建築物を新築しようとする場合

②建築物を改築し、または用途を変更して誘導施設を有する建築物とする場合

 

神奈川県内において

対象不動産が藤沢市大和市に位置している場合には

立地適正化計画の調査漏れ・調査ミスが無いようにご注意ください!

 

※ 参考① ➡ 藤沢市HP (窓口:藤沢市役所「都市計画課」)

※ 参考② ➡ 大和市HP (窓口:大和市役所「街づくり調査係」)